2012.12.15更新

(1)2012年12月15日朝日新聞朝刊の記事において、パソコン遠隔操作・誤認逮捕事件の続報が報道されていました。今回は、この件について先のブログの続報の形で、ブログを記載したいと思います。

(2)この事件は、このようなパソコン遠隔操作により脅迫など犯罪を行なうことができるという驚きがありました。しかし、それよりも、警察・検察の捜査の杜撰さが明瞭となり、とりわけ誘導、誤導若しくは脅しによる取り調べが未だに行なわれていることを世間に知らしめることとなりました。
 神奈川県警では、このままだと院(少年院のこと)に入ることとなる」「裁判になると実名報道されるぞ」「無実を証明してみろ」と脅したと言われています。県警では認めていませんが、この程度のことを言わないとわざわざやってもいないことを認めたりしないでしょう。「鬼殺銃藏」のハンドルネームを使うようになった動機も、少年が考え付くはずがないことを言わされており、誘導が明らかです。これも県警は認めていません。しかし、当初否認、逮捕後認め、再び否認、検察で認めるという異常な供述の変遷があったものであり、警察・検察を含め、脅迫や誘導がなくてはそのような変遷はあり得ないはずです。
 警視庁では、同居人をかばうために嘘の自白をしたということですが、この場合も、容疑を認めた後に否認し、その後再び認めるという経過を辿っており、やはり何らかの誘導があったのではないかとの疑いを拭えません。
 検察庁も、違法取り調べを認めていません。
 このように警察、検察庁も、検証、反省が極めて不十分であり、今後も同様の事件が起きる可能性を強く危惧します。

(3)このような事件を防ぐには、当然科学捜査・サイバー捜査体制を充実させる、客観証拠を重視するのは当然のこととして、人は捜査の対象とされとりわけ身柄拘束のもと取り調べを受けると、頼る人もなく、強い圧迫を感じ、誘導に乗り易いということに配慮し、弁護権の充実(弁護人の立ち会いも含め)、取り調べの可視化がとりわけ重要でしょう。とくに、少年、精神障害者、発達障害、知的障害者など誘導にのりやすい・精神的に強くないと思われる人たちの擁護が大事だと思われます。
 このようなことに対する配慮を、警察、検察、裁判所、法務省等に求めるものです。

投稿者: 弁護士法人西田広一法律事務所

2012.12.15更新

(1)2012年12月15日朝日新聞朝刊の記事において、パソコン遠隔操作・誤認逮捕事件の続報が報道されていました。今回は、この件について先のブログの続報の形で、ブログを記載したいと思います。

(2)この事件は、このようなパソコン遠隔操作により脅迫など犯罪を行なうことができるという驚きがありました。しかし、それよりも、警察・検察の捜査の杜撰さが明瞭となり、とりわけ誘導、誤導若しくは脅しによる取り調べが未だに行なわれていることを世間に知らしめることとなりました。
 神奈川県警では、このままだと院(少年院のこと)に入ることとなる」「裁判になると実名報道されるぞ」「無実を証明してみろ」と脅したと言われています。県警では認めていませんが、この程度のことを言わないとわざわざやってもいないことを認めたりしないでしょう。「鬼殺銃藏」のハンドルネームを使うようになった動機も、少年が考え付くはずがないことを言わされており、誘導が明らかです。これも県警は認めていません。しかし、当初否認、逮捕後認め、再び否認、検察で認めるという異常な供述の変遷があったものであり、警察・検察を含め、脅迫や誘導がなくてはそのような変遷はあり得ないはずです。
 警視庁では、同居人をかばうために嘘の自白をしたということですが、この場合も、容疑を認めた後に否認し、その後再び認めるという経過を辿っており、やはり何らかの誘導があったのではないかとの疑いを拭えません。
 検察庁も、違法取り調べを認めていません。
 このように警察、検察庁も、検証、反省が極めて不十分であり、今後も同様の事件が起きる可能性を強く危惧します。

(3)このような事件を防ぐには、当然科学捜査・サイバー捜査体制を充実させる、客観証拠を重視するのは当然のこととして、人は捜査の対象とされとりわけ身柄拘束のもと取り調べを受けると、頼る人もなく、強い圧迫を感じ、誘導に乗り易いということに配慮し、弁護権の充実(弁護人の立ち会いも含め)、取り調べの可視化がとりわけ重要でしょう。とくに、少年、精神障害者、発達障害、知的障害者など誘導にのりやすい・精神的に強くないと思われる人たちの擁護が大事だと思われます。
 このようなことに対する配慮を、警察、検察、裁判所、法務省等に求めるものです。
 


投稿者: 弁護士法人西田広一法律事務所

2012.12.05更新

(1)私も、最近クラウドサービスを利用するようになりました。その低廉さ、便利さ、将来的な可能性に驚くと共に、その問題点も聞くようになりました。東日本大震災以降、中小企業のクラウド利用が増えたとのことであり、多くの皆さんにとっても、関心のあるところでしょう。今回のブログは、この点を記してみようと思います。

(2)ヤフーの子会社で企業等にインターネットサーバーを貸し出しする「ファーストサーバ」においてシステム障害が発生し5700件以上の顧客から預ったデータが消失していることが判明したという記事がありました。
 このような危険は常に起こりうることであり、このようなサービスを提供する会社自身が当然データのバックアップをする必要があります。ところが、ファーストサーブ社の場合、バックアップを外部サーバーに保存と言っていたにもかかわらず実際には同じサーバーの別のディスクに保存していて意味のない事態となったとのことであった。このような事態を防ぐにはクラウドサービスを複数利用するとか(これだと費用がかかりクラウドの意味が減少します)、自社でバックアップするとか(これもやはりクラウドサービス利用の意味が減少します)するしかないでしょうが、危険回避のためやむを得ないのでしょう。

(3)また、最近数年世界的規模でサイバーテロが頻発しています。特に情報セキュリティ体制の脆弱性と関心の低さから日本への攻撃が強まっていると聞いています。最近でも2011年7月衆議院のサーバーに進入し他のパソコンにアクセスし情報を外部に送信された、2010年1月~11月まで財務省のパソコン123台でウイルス感染が確認されアメリカや中国等に情報が送信された、2011年10月には外務省と大使館のパソコンがウイルス感染し情報漏えいの可能性があった等の報道がありました。
 2011年に入ってからは、特定の大手企業などでも不正アクセス、情報流出が報道されています。つい最近では、個人のパソコンが遠隔操作され脅迫文を勝手に送られてしまう事件も発生しました。その対策は、官公庁や企業はその社会的責任で行なう必要がありますが、個人も十分に注意し対策を講じないといけないと思われます。私はその対策に詳しくありませんが、攻撃の対象とされるとかなり容易にパソコンの不具合が生じるだけではなく情報流出したり遠隔操作され不正行為をさせられてしまうということであり、ウイルスソフトで外部からの攻撃を阻止するだけではなく、自らのパソコンやサーバーを注意して確認し続け、一旦進入した後の被害拡大を阻止することも重要だと思います。
 そして、このようなサイバーテロは、クラウドサービスを行なう会社が標的とされる可能性も十分あり注意が必要です。

(4)纏まりのない話しとなりましたが、自ら注意すべきことを記す意味を込めてこの記事を記載しました。

投稿者: 弁護士法人西田広一法律事務所

2012.12.05更新

(1)私も、最近クラウドサービスを利用するようになりました。その低廉さ、便利さ、将来的な可能性に驚くと共に、その問題点も聞くようになりました。東日本大震災以降、中小企業のクラウド利用が増えたとのことであり、多くの皆さんにとっても、関心のあるところでしょう。今回のブログは、この点を記してみようと思います。

(2)ヤフーの子会社で企業等にインターネットサーバーを貸し出しする「ファーストサーバ」においてシステム障害が発生し5700件以上の顧客から預ったデータが消失していることが判明したという記事がありました。
 このような危険は常に起こりうることであり、このようなサービスを提供する会社自身が当然データのバックアップをする必要があります。ところが、ファーストサーブ社の場合、バックアップを外部サーバーに保存と言っていたにもかかわらず実際には同じサーバーの別のディスクに保存していて意味のない事態となったとのことであった。このような事態を防ぐにはクラウドサービスを複数利用するとか(これだと費用がかかりクラウドの意味が減少します)、自社でバックアップするとか(これもやはりクラウドサービス利用の意味が減少します)するしかないでしょうが、危険回避のためやむを得ないのでしょう。

(3)また、最近数年世界的規模でサイバーテロが頻発しています。特に情報セキュリティ体制の脆弱性と関心の低さから日本への攻撃が強まっていると聞いています。最近でも2011年7月衆議院のサーバーに進入し他のパソコンにアクセスし情報を外部に送信された、2010年1月~11月まで財務省のパソコン123台でウイルス感染が確認されアメリカや中国等に情報が送信された、2011年10月には外務省と大使館のパソコンがウイルス感染し情報漏えいの可能性があった等の報道がありました。
 2011年に入ってからは、特定の大手企業などでも不正アクセス、情報流出が報道されています。つい最近では、個人のパソコンが遠隔操作され脅迫文を勝手に送られてしまう事件も発生しました。その対策は、官公庁や企業はその社会的責任で行なう必要がありますが、個人も十分に注意し対策を講じないといけないと思われます。私はその対策に詳しくありませんが、攻撃の対象とされるとかなり容易にパソコンの不具合が生じるだけではなく情報流出したり遠隔操作され不正行為をさせられてしまうということであり、ウイルスソフトで外部からの攻撃を阻止するだけではなく、自らのパソコンやサーバーを注意して確認し続け、一旦進入した後の被害拡大を阻止することも重要だと思います。
 そして、このようなサイバーテロは、クラウドサービスを行なう会社が標的とされる可能性も十分あり注意が必要です。

(4)纏まりのない話しとなりましたが、自ら注意すべきことを記す意味を込めてこの記事を記載しました。

投稿者: 弁護士法人西田広一法律事務所