交通事故問題

交通事故問題でお悩みではありませんか?

  • 交通事故に遭ったがどう対応すればいいのかわからない
  • 事故の過失割合に納得がいかない
  • 後遺障害が認められなかった
  • 保険会社の賠償額に納得がいかない
  • まだ通院中なのに保険会社から治療費の支払いを打ち切られた
  • 示談交渉が進まない
  • 慰謝料を請求したい
  • 仕事が忙しいので手続きを専門家に任せたい

被害者の方の正当な権利をお守りします

交通事故問題交通事故に遭われた方は、肉体的にも精神的にもダメージを受けており、そんな状態で加害者や保険会社とやり取りしたり、慰謝料を請求したりすることになります。こうしたことは負担が大き過ぎるかと思いますので、交通事故問題はプロである弁護士にお任せされてみてはいかがでしょうか?
大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所にお任せ頂ければ、事故後の面倒な手続きを代行するのはもちろんのこと、事故の過失割合や保険会社が提示してきた慰謝料などが適切であるかどうかをチェックして、被害者であるお客様の正当な権利をお守りします。
当事務所では初回の法律相談を無料で承っておりますし、ご加入中の保険に弁護士費用特約が付帯されていれば、最大300万円まで費用を負担してもらうことができます。実質0円の負担で気軽に相談・依頼することが可能ですので、交通事故問題でお困りの方は一度当事務所までご連絡ください。

交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

 加害者・保険会社との交渉をすべて任せられる

交通事故後、治療を続けながら加害者や保険会社と交渉するのは簡単ではありません。また、交渉事が苦手な方もおられるかと思います。弁護士に依頼すれば、そうした交渉をすべて任せて、ご自身は治療に専念することができるようになります。

慰謝料・後遺障害の等級などが適正かどうかチェックしてもらえる

保険会社が提示してきた慰謝料が、必ずしも適正な金額とは限りません。知らず知らずのうちに正当な権利が侵害されているケースもあります。また、後遺障害の等級についても、必ず実態に即した等級が獲得できるとは限りません。しかし、弁護士に依頼すれば慰謝料や後遺障害の等級などが適正かどうかチェックしてもらうことができます。

慰謝料を保険会社の提示金額よりもアップさせることが可能

保険会社は通常「自賠責保険基準」をもとに慰謝料を算出しますが、弁護士が介入することで「裁判所基準(弁護士基準)」をもとに金額を算出することができるようになります。交通事故の慰謝料の基準のうち、裁判所基準(弁護士基準)は最も金額の高い基準ですので、保険会社の提示金額よりもアップさせることが可能です。

示談交渉から調停・訴訟までトータルサポートが受けられる

ご本人様による安易な示談交渉は危険です。気づかないうちに不利益をこうむってしまっていることも。示談交渉は過去の判例や法令に詳しい弁護士に任せられることをおすすめします。示談交渉で話がまとまらなかった時には、調停や訴訟に進むことになりますが、そうした時でもしっかりとサポートしてもらうことができます。

弁護士費用特約があれば実質0円で依頼できる

ご加入中の自動車保険、生命保険、火災保険、傷害保険などに「弁護士費用特約」はございませんか?それが付帯されていれば最大300万円まで弁護士費用を負担してもらえるので、実質0円で弁護士に依頼することが可能です。費用のことを心配することなく弁護士のサポートを受けることができるようになります。

交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料の基準は3つあります

交通事故の慰謝料の基準は3つあります。「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所基準(弁護士基準)」です。一般的に裁判所基準(弁護士基準)が最も金額が高くなりますので、弁護士が介入することで保険会社が提示してきた金額をアップさせることが可能となります。

自賠責保険基準とは?

3つのうち最も金額が低い基準です。「必要最低限の補償」を目的としているため、最も金額の高い裁判所基準(弁護士基準)と比べて1/3程度になることもあります。

任意保険基準とは?

保険会社内部で独自に設定されている基準です。保険会社はこの基準をもとに慰謝料を算出しますが、裁判所基準(弁護士基準)と比べると金額が低くなります。

裁判所基準(弁護士基準)とは?

過去の判例をもとに設定された基準です。弁護士が介入することでこの基準をもとに慰謝料を算出することができるようになります。3つの基準のうち最も金額が高くなります。

認定された後遺障害等級に不満はありませんか?

適正な後遺障害等級の認定をサポートします

交通事故に遭って後遺症が残ってしまった場合、後遺障害等級の認定を受けることになります。しかし、適正な後遺障害等級の認定を受けるためには、認定に向けて客観的な資料を集めたり、必要な治療・検査を受けたりする必要があります。大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所にご相談頂ければ、適正な後遺障害等級の認定のために必要なことをアドバイスして、正当な権利をお守りします。

事故後「忘れっぽくなった」などの異変はありませんか?

事故後、「忘れっぽくなった」「何度も同じ話をするようになった」などの異変はありませんか?こうした異変がある場合には、「高次脳機能障害」を負っている可能性があります。高次脳機能障害とは、脳が損傷することで引き起こされる機能障害のことで、記憶障害、遂行機能障害、社会的行動障害など様々な症状が現れます。
高次脳機能障害は外見からはわかりにくく、またご本人様が症状に気づきにくいものなので、まわりの方が注意して異変に気づいてあげる必要があります。そして交通事故との因果関係を立証するのは簡単ではありませんので、少しでも気になることがあれば弁護士に相談されることをおすすめします。

過失割合と示談交渉について

過失割合は保険会社が決めるものではありません

過失割合は任意交渉の段階では加害者と被害者との話し合いにより決められ、訴訟段階では裁判所の判決により決められるものです。従って、保険会社が決めるものではありません。保険会社が過失割合を提示してきたとしても、それを受け入れる必要はありません。
なお、過失割合は非常に細かい事例まで取り決められており、過去の判例に基づいて決定されますが、弁護士が介入することで被害者の方に有利になるように交渉することも可能ですので、交通事故に遭われたらできるだけお早目にご相談ください。

示談交渉は弁護士にお任せください

示談交渉は大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所にお任せください。示談交渉の際に弁護士が介入することで、裁判所基準(弁護士基準)をもとに慰謝料が算出できるようになるので、保険会社の提示金額よりもアップさせることが可能です。保険会社の提示金額は裁判所基準(弁護士基準)よりも低い場合がほとんどですので、そのままその金額に納得してサインすると、本来であれば得られていたはずの利益を失うことに繋がります。安易に示談交渉を成立させずに、まずは一度当事務所までご相談ください。

交通事故問題についてもっと知りたい方は

「もっと交通事故問題について知りたい」という方は、大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所の「交通事故専門サイト」をご覧ください。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォームweb予約