債権回収・保全

債権回収・保全でお悩みではありませんか?

  • 売掛金を回収したい
  • 取引先が「売掛金の支払期限を伸ばしてくれ」と言っている
  • 支払い期限の過ぎた代金を回収したい
  • 何度督促しても代金を支払ってくれない
  • できるだけ事を荒立てずに回収したい
  • 訴訟を提起する前に資産を差し押さえたい

弁護士に相談することで簡単に解決するケースもあります

債権回収・保全売掛金が回収できないと、会社のキャッシュフローが滞ってしまう場合もあり、会社にとっては死活問題となることも。なので、売掛金の回収や、債権者の資産の保全などでお困りの方は大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所までご相談ください。
債権保全から回収に至る方法には様々なものがありますが、通常は弁護士名義で「内容証明郵便」を発送して催促します。こういった簡単な方法でも解決に至るケースもあります。
これ以外にも有効な方法・ノウハウを蓄積しておりますので、債権回収・保全は当事務所の無料相談をご利用ください。初回の法律相談は無料で時間制限もなしなので、しっかりとご相談者様のお悩みをおうかがいすることができます。

債権の保全・回収の方法

債権の保全から回収までしっかりサポート

債権を回収するまでに時間が必要な場合には、仮差押えや仮処分などの民事保全手続きで債権を保全することができます。債権の保全から回収までには時間も労力も必要となりますので、普段の業務と並行してこれを行うのは簡単ではありません。弁護士に依頼すればこうした手続きを代行してもらって、スムーズに解決をはかることができるようになります。

債権保全の方法

債権保全の方法には「仮差押え」「仮処分」などの手続きがあります。これらは訴訟を提起する前に裁判所に保全命令を申立てて、債務者による資産の処分や隠匿などを防ぐ方法です。また、債務者が破産する恐れがある時にも、こうした手続きを取ることで債権が保全できるようになります。

債権回収の方法

 

任意交渉

弁護士が相手と交渉して、任意での支払いを促します。

内容証明郵便

通常、債権の回収は弁護士名義で「内容証明郵便」を発送して催促することから始めます。これだけでも相手が訴訟を恐れて支払いに応じるケースがあります。

民事調停手続き

弁護士が介入して調停を申立て、裁判官、調停委員を介して当事者同士による話し合いで解決をはかる方法です。ただし、合意に至らなければ調停不成立となって手続きが終了します。

訴訟提起

裁判所に訴訟を提起して、債権や売掛金の回収をはかります。時間や費用がかかりますが、最も確実な回収方法だと言えます。

強制執行

裁判で勝訴を勝ち取っても、必ず相手が支払いに応じるとは限りません。そうした時には「強制執行」により債権の回収をします。強制執行の代表的な手続きとして「預貯金の差し押さえ」「給与・退職金の差し押さえ」「不動産の強制競売」などがあります。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォームweb予約