労働問題

労働問題でお悩みではありませんか?

従業員の方のよくあるお悩み

  • 未払いの残業代がある
  • 給料が支払われない
  • 給料を不当に引き下げられた
  • 不当に解雇された
  • セクハラ・パワハラを受けている
  • 職場でいじめ・嫌がらせを受けている
  • 会社が労災の申請を進めてくれない

雇用主の方のよくあるお悩み

  • 従業員の解雇を検討している
  • 未払いの残業代・給料を請求されている
  • 従業員から解雇は不当だとして復職を求められている
  • 従業員が外部の労働団体に加入して、団体交渉を求めている
  • 退職した従業員に機密情報を持ち出されて他社に漏えいされた

職場の様々なトラブルをより良い形で解決します

労働問題

大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所では、未払いの残業代の請求、労災の申請や損害賠償の請求、不当解雇、セクハラ・パワハラなど、職場で起こる様々なトラブルに対応しています。従業員の方からのご相談だけでなく、雇用主の方からのご相談も承っておりますので、労働問題でお悩みの方は当事務所へ相談ください。初回の法律相談は無料で、時間制限もありません。どんなお悩みにも誠実に対応させて頂きます。
労働問題は従業員、そして雇用主の人生を大きく変えることもある重要な問題です。だからこそ、早めのご相談と適切な対応が求められます。また、そうした問題が起きないようにあらかじめ防止策を講じておくことも大切です。問題解決に向けた方法は色々ありますが、ご相談者様とよくお話しした上で、適切なものを提案させて頂きます。

よくある職場のトラブル

残業代の未払い

給料従業員の方からの「未払いの残業代を請求したい」というのは、職場で起こるトラブルの典型的なケースです。通常、過去2年にさかのぼって残業代が請求することができ、場合によっては数百万円になることもあります。
雇用主の方にとっては、未払いの残業代には高利の遅延損害金が付いたり、裁判にまで発展すれば「付加金」と呼ばれるペナルティが課されたりすることもありますので、できるだけスムーズに解決する必要があります。従業員の方から未払いの残業代を請求された時には、できるだけお早目に当事務所へご相談ください。

セクハラ・パワハラ

職場内でのセクハラ(セクシャルハラスメント)・パワハラ(パワーハラスメント)でお悩みの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。セクハラ・パワハラなどが原因で退職に至った場合などには、裁判で数百万円程度の慰謝料を請求することも可能です。
雇用主の方につきましては、従業員からのセクハラ・パワハラの訴えへの対応を誤ると、損害賠償請求訴訟に発展する恐れがありますので、訴えがあった時点で一度ご相談頂くことをおすすめします。

不当解雇

従業員の不当解雇は「労働基準法」や「労働契約法」などにより厳しく制限されているため、復職を求めることができるほか、不当解雇を受けた方は解雇後の期間の賃金や、不当解雇に対する慰謝料の支払いなどを請求することが可能です。不当解雇を受けてお困りの方は、一度当事務所へご相談ください。
雇用主の方につきましては、問題解決が遅れるとそれだけ請求金額が増加する可能性がありますので、速やかに当事務所へご連絡頂くことをおすすめします。

退職勧奨

従業員の方に退職勧奨を行う時には、十分に注意する必要があります。退職勧奨を「退職強要」であると訴えられて、慰謝料を求められるケースもあります。また、いったんは退職に応じて、その後、不当解雇として復職を求めてくるケースもあります。
いずれの場合でも、会社だけで対応するよりも弁護士の専門知識を活用した方がスムーズに進行するものと思われますので、従業員への退職勧奨をご検討中の雇用主の方はお気軽に当事務所までご相談ください。

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォームweb予約