医療過誤

医療過誤でお悩みではありませんか?

  • 医療過誤を疑っているが、どのように対応すればいいのかわからない
  • 医療機関から不適切な処置を受けて症状が悪化した
  • 単なる風邪と診断されたが、実は重篤な病気だった
  • 「手術は成功した」と説明を受けたが、その後症状が悪化して死亡した
  • 医療過誤により被害をこうむったので損害賠償を請求したい
  • 医療機関と示談交渉で揉めている
  • 医療機関が過失を認めない
  • 医師に「カルテのコピーが欲しい」と言ったが拒否された

示談交渉から訴訟まで幅広くサポートします

医療過誤医療従事者による人為的な過失、医療過誤は現在増加傾向にあり、いつご自身が、そして大切なご家族が被害に遭われるかわからない状況です。医療過誤が発生する要因には薬物投与の過失、手術の過失、診断・診療の過失などがありますが、いずれにおいても医療過誤を立証するのは難しく、被害に遭われた方につきましては弁護士の専門知識を活用されることをおすすめします。
大阪市北区・南森町駅の西田広一法律事務所では医療過誤のご相談にも対応しており、医療機関との示談交渉から訴訟まで幅広くサポートすることができます。初回の法律相談も無料で、時間に制限を設けずに承っております。「医療過誤のことで弁護士の力を借りたい」という方は一度当事務所へご連絡ください。

医療過誤について

医療過誤の種類

手術医療過誤には大きく分けて3つの種類があります。「手術の過失」「薬物投与の過失」「診断・診療の過失」です。「医療過誤かもしれない」と思われた時には、すぐに事実を記録・整理しておくことが大切です。時間が経過する記憶が曖昧になり、正当性を主張したり、医療機関側に過失を認めさせたりするのが難しくなる場合もありますので、簡単なものでかまいませんので経緯を書きとめておくようにしましょう。

手術の過失

手術による医療過誤は、執刀医のミス、スタッフとの連携ミス、診断のミス、麻酔の投与ミスなど、様々な要因で発生します。甚大な被害をこうむることも多く、死亡に至ったり、合併症や後遺症などを引き起こしたりするケースもあります。

薬物投与の過失

薬物投与による医療過誤では、分量や濃度の誤り、投与する頻度の誤り、薬物自体の誤りのほか、医師やスタッフの判断ミスなどの要因が考えられます。点滴や注射のほか、錠剤、カプセル、粉末などの薬物によっても起こることがあります。

診断・診療の過失

診断・診療の過失では、治療内容を伝える義務を怠った、術後の経過観察を怠った、手術前・手術後の対応のミスなどが要因として挙げられます。

医療過誤の流れ

1ご相談前にお願いしたいこと

医療過誤が疑われる時には、記憶が曖昧になる前に経緯を記録・整理して書きとめておくようにしてください。簡単なもので結構ですが、具体的であればあるほど後々役立てることができるようになります。

2ご相談

専門知識を有した弁護士が、ご相談者様から詳しくお話しをおうかがいします。西田広一法律事務所の初回法律相談は無料です。時間制限も設けておりませんので、時間を気にせずに何でもお話しください。

3カルテ・医学文献の調査

ご相談者様からご依頼頂いた場合には、カルテや医学文献の調査のほか、過去の判例などを揃えて調査を行います。調査内容につきましては適宜ご相談者様にご報告させて頂きます。

4意見書の作成

調査結果をもとに、協力医に依頼して意見書や私的鑑定意見書などを作成します。

5医療機関との交渉

作成した意見書を医療機関に提示して、示談交渉を行います。一般的に医療機関が素直に過失を認めるケースは少なく、過失を認めさせたり、賠償を請求したりするために訴訟へ移行することもあります。

6訴訟

医療過誤があったかどうかを裁判所に判断してもらいます。勝訴するためには適切な証拠集めが重要となりますので、有効な証拠をできる限りスピーディに提出します。なお、訴訟の途中で裁判所の勧めから和解になることもあります。

「もしかして医療ミス?」と思った時には

「もしかして医療過誤?」「これって医療ミスでは?」と思った時には、経緯を記録・整理してまとめておくようにしてください。時間が経過すると記憶が曖昧になりますので、できるだけ時間をあけずにまとめるようにしましょう。

具体的には次のような項目を記録しておくと、後々役に立つことがあります。

  • 医師の診察を受けるまでの経緯
  • 診察を受けた日時
  • 診察時の医師との会話内容(質問したことや、説明されたことなど)
  • 医師から説明を受けた治療方針や病状の説明内容
  • 具体的な治療内容と実施した日時
  • 医療過誤を疑い始めた時期とその理由
  • 医療事故発生後に医療機関や医師から受けた説明内容

など

 

Tel.06-6316-8365法律相談メールフォームweb予約